宿題が終わらないと悩む方に!宿題を上手に教える5つのポイント

小学生

(この記事はお子さんが小学生と想定しています)

むーみ
むーみ

私は専業主婦だから、自宅で子供の宿題を見る事が多いよ。

ママ友と話をしていると、宿題がなかなか終わらないことに悩んでいるママも結構いるみたいだね。

私が宿題を見る時に気を付けている事を紹介するよ。

宿題が終わらない理由は実はいろいろ

私自身は、中学生の長男と小学生の長女がいますが、やっぱり個性があります。

長男 ➡ 要領が良い方で宿題もサッサと終わらせてしまうタイプ
長女 ➡ 丁寧で神経質なところがありなかなか宿題が終わらないタイプ

この他にも、子供の同級生の話を聞いていると次のようなタイプがあり宿題が終わらないようですね。

  • そもそも宿題をやらないタイプ
  • 宿題をやるまで時間がかかるタイプ
  • 宿題の途中で他の事をしてなかなか終わらないタイプ
  • 問題がわからないので時間がかかるタイプ
  • 完璧にこだわり過ぎて時間がかかるタイプ

どうでしょうか? あなたのお子さんも当てはまりませんか?

「このタイプにはこの対応!」とピンポイントの対応は自分自身わかっていないのですが、宿題を上手に教えるアイデアはあります。

宿題を上手に教える5つのポイント
  • リラックスできる環境をつくろう
  • 集中できる雰囲気をつくろう
  • 適度に目が届く(監視できる)ようにしてみよう
  • 答えを言わずに考えさせることが大切
  • 見直しが出来るようにまとめよう

タイプによって効果があるものとないものがありますが、色々試してみて下さいね。

娘が勉強している写真
幼稚園生もお絵かきのお勉強中

それでは、宿題を見る時の5つのポイントを一つずつ紹介していきたいと思います。

ポイント① リラックスできる環境をつくる

ポイント①の具体的な方法
  • 周りに気を使わないで済むようにしてあげる
  • 周りが気にならず集中できる空間を作り出す
  • 緊張を取り除けるようにしてあげる

リラックスと休憩とはちょっと違うので注意しよう

リラックスというと、ソファーでゆったりと座りながらお茶を飲むようなイメージを持つかもしれませんが、ソファーで座りながら勉強するのはオススメしません。

ここでのリラックスはこのような休憩とはちょっと違います

宿題をするときのリラックスは周りの事に気を配る必要が少ない環境の事を言っています。

例えば、宿題のノートを開いている時に他の人が後ろを通ったら何か見られたくない気持ちがしませんか?

できれば、このような事に気を配る事のない環境で宿題をやらせるようにしたいのです。

周りが気になるので友達と宿題をやるのはオススメしない

気の合う友達の家などで一緒に宿題をやることもあるでしょう。

リラックスという意味では、友達の家も候補の一つになるのですが、私はオススメしません。

当然友達が一緒にいれば気を使いますし、宿題に必要な道具が必ず揃うとは限りませんよね。

例えば、緑の線が引きたいのに『自宅なら有るのに青いペンしか無かった』なんてことはしばしば起こるはずです。

あるもので済ます事も大切な事ですが、次に繋がる事が無くなるので友人の家で宿題をするのは避けましょう。

ただし、モチベーションを上げる為にたまには友達と一緒に勉強するのは良いかもしれまんよ。

むーみ
むーみ

学校の課題をグループでやるなどの場合は、気分転換として友人の家でやらせてあげてもよいかもね。

リラックスする環境を作ることで、宿題をやるまでの時間を短縮することと途中で他の事をしてしまうことを減らす効果が期待できます。

ここでは リラックス=ゆったり眠くなる ではありませんからご注意下さいね!

▼ 成績を上げるにはこちらも参考にしてね ▼

ポイント② 集中できる雰囲気をつくる

ポイント②の具体的な方法
  • 部屋の照明は明る過ぎず、暗すぎず
  • 自宅ならテレビやラジオは付けない方が良い
  • マンガなど気になるものが目に入らないように

部屋の照明は明る過ぎず、暗すぎず

照明は明る過ぎても暗すぎても目に負担が掛かるので避けましょう。

また、明るくて暖かい場合やうす暗い環境では眠気が発生してしまいます。

眠気と戦えば当然集中力は下がりますから、勉強の効率は下がります。

時間ばかり掛けて効果が少ない環境下で勉強すべきではありません

むーみ
むーみ

目(視力)が悪くなったり、寝てしまって風邪を引いたりするなら勉強しない方がマシよ。

しっかりとした環境で宿題をさせましょうね。

▼ 正確に測りたいなら照度計が良いよ ▼

自宅ならテレビやラジオは付けない方が良い

高校生以上になると音楽を聴きながら勉強する事も多くなりますが、中学生以下では音楽を聴きながら勉強をする事には反対です。

特に小さな子供は一つの事に集中する力が強いですから、音楽に集中してしまって宿題が進まない事も多いです。

短い時間で集中して宿題を終わらせられる環境を作りましょう。

▼ こちらの記事も参考にしてみてね ▼

マンガなど気になるものが目に入らないように

マンガやおもちゃなどが目に入る環境も、やはり他の事が気になってしまって宿題に集中できない事に繋がります。

お子さんが興味が少ない物が周りにある環境が適しています。

マンガを見てリラックスする事自体は良い事なのですが、宿題の途中でマンガを読んでしまう様なことが少ないように配慮しましょう。

集中できる環境をつくり、宿題の途中で他のことをしてしまう事の低減を期待できます。

家庭の環境により全てを完璧に実施できなくても、少しでも近づけられるようにしてみてください。

ポイント③ 適度に目が届く(監視できる)ように

ポイント③の具体的な方法
  • 自宅なら直接姿が見えるリビングやダイニングがオススメ
  • 自宅以外なら、完成した宿題に目を通してあげよう

自宅なら直接姿が見えるリビングやダイニングがオススメ

お子さんに個室を与えている場合はそこで宿題をすることが多いかもしれません。

でもわからない時にすぐに聞けなかったり、途中で飽きて他の事をしてしまったりする事もあるでしょう。

ですから、自宅で宿題をするならリビングやダイニングでするのがおすすめです。

むーみ
むーみ

宿題をする時間にむーみはキッチンに居る事が多いので、ダイニングで宿題をさせる事が多いよ

自宅以外なら、完成した宿題に目を通してあげよう

忙しい日常の中で、お子さんの宿題について時間を確保するのは本当に難しいですよね。

しかしながら、何とか5分程度の時間を確保してみてください。

このサイトでも家事の時短アイデアなどを紹介していますので上手に利用してみて下さいね。

問題と答えを照らし合わせて確認するだけでも、お子さんとのコミュニケーションが取れます

間違っている所があれば、それを怒るのではなく、お子さんの弱い部分が分かった事を良かったと考えられるように出来ると良いですね。

適度に親の目が届くことで、多くの項目が改善するはずです。

特に、そもそも宿題をやらないタイプは「宿題の必要性」を感じていないことが多いです。

確かに論理的に説明するのは難しい部分ですから、「宿題をやる⇒褒められて楽しい」となるように導いてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました