陸上スパイクのピンの穴を修理してみました

運動能力

私には中学生から陸上を始めた長女がいます。

小さい頃から足は速い方だったので、そこそこ良い記録を記録会などで残すので周りから上級者と思われているんです。

でも実はまだ始めたばかりなので、道具(特にスパイク)のトラブルは尽きないんですよね。。。

先日は、スパイクピンが外れなくなってしまい急遽新しいスパイクを購入させられましたよ(涙)

▼ スパイクピンが外れない時の記事はコチラ ▼

そして、今回は購入したばかりのスパイクのピンが外れてしまったんですって。

ピンが外れただけなら良いのですが、気付かずに走ってしまったために中に小石や砂が詰まってピンが入らなくなってしまったんですね!

修理するスパイクピンの穴の写真
むーみ
むーみ

詰まった石は自分で取ったみたいだけど、土などが詰まってピンが入らなくなっちゃったみたい。

そこで、使えなくなってしまったスパイクピンの穴(ネジ)を復活させてみますね。

まずは、マイナスドライバーなどで詰まっている小石や土などを取り除きます

修理するスパイクピンの穴に詰まった小石などをドライバーでかき出している写真

ネジをキズ付けないように、ネジの溝に沿って動かしましょう。

また、マイナスドライバーでは届かない部分や小さな砂などは金ブラシ(ワイヤーブラシ)などでこすって取っていきます

修理するスパイクピンの穴をワイヤーブラシでこすっている写真
むーみ
むーみ

水を使って洗っても良いんだけど、スパイクの中がどうしても濡れちゃうから私は水をできるだけ使わないようにしているよ

▼ ワイヤーブラシはこれだよ ▼

このワイヤーブラシは、スパイクピンのサビを取ったりもできるので1個持っておくと便利ですよ

キレイに小石や砂を取り除けたら、新しいスパイクピンを入れてみましょう。

修理したスパイクピンの穴に新しいスパイクピンを入れていく写真

ネジが潰れてしまっていなければ、新しいスパイクピンが入れられるはずです。

焦らずに、ゆっくりとまっすぐに入れてみて下さいね。

途中で引っかかって進まない場合にはネジが潰れてしまっているかもしれません

その場合でも、まだ諦めるのは早いです!

ネジを修正できる「タップ」という道具があればネジを復活できるんですよ。

▼ ネジを修正するならM5のタップを使うといいよ ▼

※M6のタイプもあるらしいから注意してね

ハンドルセットで購入すると間違いがないのですが、実際にはM5だけあれば良いですよ。

スパイクピンを入れるようにゆっくり・まっすぐに使っていきます。

ネジが修正できれば、新しいスパイクピンが入るはずですよ。

スパイクピンの穴の修理が完了して新しいスパイクピンが装着出来た写真

これで、スパイクピンの穴の修理は完了ですよ~

むーみ
むーみ

ネジの修正は何回も出来るわけではないんだって。

今度はピンが外れないようにしっかり取り付けて使ってね!

▼ こちらの記事も参考にしてね ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました