運動神経が悪いと諦めない!靴にこだわる5つの理由

運動能力
むーみ
むーみ

私は靴にもこだわるようにしているよ。

その理由を紹介するから参考にしてみてね。

運動神経は遺伝だけでは決まらない

「子は親の鏡」と言いますが、運動神経については当てはまらないのではないかと思っています。

なぜなら、私自身も夫も運動が出来るほうではなかったのですが、子供達は体育でも良い評価をもらってきます。

特に長女は足が速い方で、小学3年生の時には50mを7秒台で走るほど瞬足です。

ですから、親からの遺伝以外の影響の方が大きいのではないかと思っています。

運動が出来る子に育てるために気を付けたことの一つが、「子供に履かせる靴にこだわった」ことです。

その理由について、次から紹介していきたいと思います。

靴にこだわる事が運動神経が良くなることに繋がる理由

なぜ運動神経が良くなることに繋がるのでしょうか?

私が考える理由は次の通りです。

  • 学校は勉強優先 動きやすい靴で集中力アップ
  • 地面との摩擦で足が速くなる
  • クッションで膝に負担が掛かりにくい
  • 滑りにくいからケガが防げる
  • 適したサイズで最高のパフォーマンスが出せる

では、各項目について詳しく説明していきます。

理由① 学校は勉強優先 動きやすい靴で集中力アップ

小学校は、勉強をするところです。勉強とは、友人とのかかわり方や体育などの運動も含まれます。ファッションに拘ることも否定はしませんが、基本的には目的が異なると思います。ですから、小学生の靴は動きやすい靴が適していると考えています。具体的にはスニーカーが良いと思います。

ごく少数ですが、サンダルやブーツなど動きにくい靴を履いてくるお子さんも居ます。動きにくい靴では小学校の行事などでも集中力が低下してしまいます。やはり動きやすい靴を選んであげた方が良いでしょう。

理由② 地面との摩擦で足が速くなる

瞬足の接地面 小さなスパイクが配置されている

靴にこだわる理由の中で、最もウェイトが高い理由です。小学生の間では「瞬足」という靴が流行っているのですが、その理由は靴底にソフトスパイクのような凹凸が配置されているからです。この凹凸が地面との摩擦力を増加させて滑りを抑制してくれます。その結果、足が速くなる効果があるのです。

但し、この「瞬足」が最も良い靴かというとそうではありません。現在では他にも似たような機能を持った靴は多くあります。お子さんに合った形状の靴を選んであげて欲しいと思います。

運動会や記録会では、靴の底の凹凸が有るか無いかで記録が変わってきます。当然、凹凸が大きい新しい状態の方がタイムは伸びるのです。ですから、本番の少し前から新しい靴に慣れておき、本番で最高のタイムが出せるようにしてあげると良いでしょう。

順位で褒めるのも良いですが、これまでよりタイムが良くなった事を一緒に喜ぶ事が出来れば、次へのチャレンジへのモチベーションに繋がる事でしょう。

▼ 小学校の短距離で履きたい靴はコレ ▼

理由③ クッションで膝に負担が掛かりにくい

靴には、衝撃を和らげる効果があります。靴底の厚さや軟らかさなどでこの効果は変化していきます。一般的に、高価なスニーカーは靴底が厚く軟らかい物が多いです。ですから、クッション性が高く、衝撃を吸収する効果が高いです。衝撃が少なくなれば、特に膝にかかってくる負担が少なくて済みます。一度膝を痛めてしまうと、なかなか完治することが難しくなってしまいます。ですから、膝への負担は少ない事が求められます。

しかしながら、ただ高価な靴を使えば良いと言っているのではありません。安いだけの靴ではなく、クッション性なども考慮して選んで貰えば良いのではないでしょうか。

むーみ
むーみ

確かに高価な靴のクッション性は素晴らしいよね。私もそんなに高価な靴は手が届かないから、同じ価格帯でも少しでも履きやすいものを選ぶようにしているよ。

理由④ 滑りにくいからケガが防げる

子供はケガをしてくる事が頻繁にあります。滑って転んでケガをすることも多いです。ふざけて転んだのであれば仕方がないですが、リレーの練習などで転ぶ事もあります。一生懸命練習した結果ケガをして、本番で良い結果を残せないのは本当に悔しいです。

ですから、滑りやすい靴を履かせて学校に行かせないようにしましょう。ケガをしてしまうと何かチャンスを逃してしまうかもしれません。靴にこだわるのはケガのリスクを減らしてあげることにも繋がるのです。

理由⑤ 適したサイズで最高のパフォーマンスが出せる

幼少期には、ついつい大きめの靴を履かしてしまいます。少しでも長く使いたいのは非常に良くわかります。しかし、足のサイズに合わない大きい靴ではパフォーマンスが上がらないのも理解できるでしょう。せっかく高価な靴を買っても最高のパフォーマンスが得られなければその価値を生かせていません。少しランクを落として靴の購入回数を増やす方がお子さんにとって良い効果がある場合もあります。適したサイズの靴を履かしてあげるのもこだわりの一つです。

また、小さい靴を履き続けているのもパフォーマンスは下がります。足が痛いのに素早く動くことができるとは思えません。もったいないからと言ってあまり無理して履かせるのも問題です。

むーみ
むーみ

少しでも長く履かせたい気持ちは十分わかるよ。

でも、大切な舞台で能力を発揮できないと全く意味が無くなっちゃうから注意したいよね。

靴のこだわりと運動神経について まとめ

今回は、私が小学生の靴にこだわる理由について紹介しました。同じ事は幼稚園でも中学生でも言える事だと思いますが、小学生の時期が最も靴と学力に関係がある時期だと思っています。

靴にこだわるとどうしてもコストが増えてしまいますが、靴が変わる事で自信に繋がるかもしれません。この自信は、次の事にチャレンジする原動力になります。こうなれば、かかったコストなど安い物です。

しかしながら、各家庭で状況が違うので掛けられるコストにも差があります。単純に高価な物を買うのではなく、同じコストでもしっかりと選んであげれば良い靴も見つかるはずです。しっかり選ぶ事がこだわりなんだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました