大人も一緒に体力測定してみよう

運動能力
むーみ
むーみ

今日はみんなで体力測定してみたよ。

普段運動していない人ほど、運動するきっかけを作る良い機会だよ。

大人になると健康診断はするけど、体力測定はしないよね

小学生は、内科検診や歯科検診などを毎年行いますよね。

一方、大人になると、健康診断を毎年行うようになります。でも、小学校の頃毎年行っていた体力測定は大人になるとしなくなってしまいますよね。

健康は全ての基本ですから、健康診断を毎年行う事の意義は十分に理解できます。でも、体力も健康と繋がっていることの一つではないでしょうか?

今回は、大人も一緒に楽しみながら健康の維持にも繋がる体力測定について考えてみたいと思います。

最近の小学生の体力は低下している?

現在小学校と中学校で行われている体力測定は、新体力テストと言われているものです。

これは、平成11年度から実施されているものです。しかし、体力・運動能力調査としては昭和39年から実施されており、継続的なデータが取れています。

その中で、もっとも優れた時期は昭和60年だったそうです。

最近では、徐々に良化している傾向が見られるようですが、昭和60年には届かない状況が続いています。

また、ここ2~3年は小学生男子で急激に数値が下がっているそうで、スマホの普及による影響ではないかと言われています。

むーみ
むーみ

スマホの普及で体力が落ちているのは、わかる気がするよね。

でも、それを防ぐのは親の役目だと思うよ。

▼ 足を速くしたいなら読んでみてね ▼

小学校の体力測定項目(新体力テスト)

6歳から11歳まで(小学校全学年)の新体力テスト項目を紹介します。

家庭で実施できるか
握力
上体起こし
長座体前屈
反復横跳び
20mシャトルラン×
50m走×
立ち幅とび
ソフトボール投げ×

×の項目でもご家庭によっては出来るかもしれません。自分のご家庭で出来るものを選んでみてください。

ちなみに、大人の方を対象とした体力テスト項目もあり、若干内容が違います。しかし、ここでは子供と一緒に楽しむ事を目的としていますので小学生用で紹介しています。

実際に家族でやってみました

家の中で出来そうなものを選んで、家族でやってみました。

なお、長座体前屈は段ボールで道具を作る必要があるので、昔ながらの立位体前屈でやっています。

本来は体育館などの場所で運動着や運動靴を使ってやるべきですが、自分の体力の衰えや子供の成長を感じるには部屋着などでも良いと思います。

家族で楽しんでやってみましょう。

むーみ
反復横跳び41回33回38回
立ち幅跳び181cm131cm164cm
上体起こし14回9回21回
立位体前屈6cm8cm-9cm
むーみ
むーみ

久しぶりの体力テストで懐かしい感じがしたよ。

でも、こんな少しなのに本当に疲れるのね(汗)。

私(の家庭)は4種目しか出来ませんでしたが、これでも十分に疲れました。

学校で全ての測定を経験している娘が言うには、体育館履きでやらないと足が痛くて良い結果が出ないらしいです。

確かに学校で記録してきている結果よりも数値は悪いです(公式記録?は反復横跳びで50回)。

しかしながら、自分が思ったより動けないことは感じました。チョット運動しないとね(汗)。

▼ 運動をサポートするサプリも試してみているよ ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました