子供の学習や教育に役立つ資格ってあるの?

その他
むーみ
むーみ

子供の学力を上げるのにも、知識があった方が有利だよね。

知識を得る方法の一つが資格を取ることだよね。今回は、子育て時の学習に役立つ資格について考えてみたよ。

子供の学習をサポートする方法

直接的に子供に影響を与える方法
  • 学習を教える知識や技術でサポートする方法
  • 遺跡などを訪れて学習をサポートする方法
  • スポーツなどを通して学習をサポートする方法
間接的に子供に影響を与える方法
  • 毎日の食事で体調を整えるサポート方法
  • TPOに合った服装のコーディネートするサポート方法
  • 走り易い靴を選ぶサポート方法
  • 快適な睡眠をサポートする方法
  • 悩みなどを解消して精神的にサポートする方法
むーみ
むーみ

子供の学習をサポートする方法って沢山あるけど、直接的か間接的かに分かれるよ。

私はどちらかというと間接的にサポートしている事が多いかな。

▼▼▼ こちらの記事も参考にしてね ▼▼▼

子育てや保育に役立つ資格例

子育てや保育に役立つ資格は数多く存在します。

厳密に言えば、どの資格も多かれ少なかれ子育てに関係無い物はありません

ここでは、特に役立つ資格の例を紹介していきたいと思います。

保育のプロの『保育士』

子どもたちの成長を見守る保育士は、楽しくてやりがいのあふれる仕事。

「保育のプロ」として、生涯役立つ国家資格です。

子どもが好きな方には天職ともいえる仕事で、出産や子育ての経験も活かせます。

昨今は特に社会的ニーズも高まっており、保育所や児童福祉施設など活躍の場も多彩です。

その知識は、自分の子供にも生かせる場面は十分にあるはずです。

誰もが悩む子育ての時期に、専門知識がある強みとなります。

幼児期に自分の資格を生かせるのは、大きなメリットのひとつだと思います。

旅行のプロ『旅行業務取扱管理者』

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の「国家資格」です。

有資格者は、旅に関する豊富な知識・技術を有したプロとして国から認められます。

資格は全国で通用し、一度取得すれば生涯有効となります。

子育て時期ですぐには利用しない資格でも、生涯有効なら利用する機会が来るかもしれません。

取得すれば、あなたの大きな財産となる資格です。

旅行業務取扱管理者は、旅の企画立案や取引・実施にまつわる幅広い業務を扱うことができます。

なお、取り扱える業務の範囲によって、次の3種類の試験があります。

  • 総合旅行業務取扱管理者試験(国内・海外の両方を取り扱う)
  • 国内旅行業務取扱管理者試験(国内のみ)
  • 地域限定旅行業務取扱管理者試験(営業所の拠点区域内限定)

旅行先での貴重な時間を有効に使えるようになると思います。

また、子育てに対しては、旅行先での重要文化財等の知識を教育に生かせる強みがあります。

栄養面からもサポートできる『食育実践プランナー』

食育実践プランナーは、一般社団法人日本味育協会の認定資格です。

子どもから大人まで役立つ食育の知識と実践力、指導力の証明となる資格です。

試験は自宅で受験でき、小さなお子さんがいても比較的楽に受験できるのが特徴の一つです。

当然、学んだ知識は食材選びなどに利用が可能です。

食材の旬や目利き方法を知ることも大切な食育の実践の一つとなります。

更に食べ方の美しい人は、周囲にも心地よさを与えます。

大人になってから習慣を直すのは難しいものです。

食育実践プランナーとして伝えられる正しい食育の知識やマナーは、子どもにとっての生涯の財産にもなります。

子供の心理をサポートできる『カラーセラピスト』

カラーセラピストとは、言葉の通りカラーセラピーを使い、相談者の心を解きほぐし、癒すことができる人のことです。

一般社団法人日本色彩環境福祉協会の認定資格で自宅で受験出来るのが特徴の一つです。

悩みや悩みに対する答えは、自身の心の中にあるものなので、相談者自身が、自ら悩みについて気づけるようサポートすることが重要です。

そのためには、色の知識はもちろん、しっかりと相談者の話を聞くカウンセリングスキルも求められます。

色に秘められた力を最大限に引き出す事で、日々の悩みなどを緩和できることでサポートができることになるでしょう。

むーみ
むーみ

国家資格って凄く響きが良いんだけど、私たち子育て世代には取得し易いことも選ぶ基準の一つよね。

今回紹介した認定資格は、資格試験も自宅で受けられるから取り組み易いよね。

取得した資格は、子育てが終わってからも活躍できる

子育て中に資格を取得する方も居ると思います。

その際に取得するなら、子育てに役立つ資格を取っておこうと思うのも自然な流れでしょう。

実際に資格を取得して、得られた知識を自分の子育てに活用できれば非常に有意義です。

しかし、子育ての期間は限られるものですから、いつまでの使えるものではありません。

でも、資格として取得しておけば、子育てが終わってからの就職にも有利となります

ですから、取得した資格はムダになってしまうわけではありません。

むーみ
むーみ

せっかく資格を取っても、子育てが終わったら使えないんじゃ嫌よね。

自分が、子育て後に活用できる資格を選ぶ事が一番良い方法よね。

▼ こんなセミナーも受講したよ ▼

子育てや保育に役立つ資格 まとめ

今回は、子育てに役立つ資格について考えてみました。

子育てに特に資格は必要ありませんが、専門知識が身に付く事で子育てに役立てられる場面はきっと増える事になるでしょう。

資格にもよりますが、通信教材で取得できるものも多数ありますし、費用も数万円の物もあります

今回紹介した食育実践プランナーやカラーセラピストは自宅で勉強し、自宅で受験できることから、比較的取得し易い資格です。

これまで、資格を取った事がない人でも取り組み易いので、是非受験してみたら良いと思います。

▼ こちらの記事も参考にしてね ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました