育児書は参考になるが、真似をすると上手くいかないのはなぜ?

幼児教育
むーみ
むーみ

育児書って書店に行くと本当に多く出版されているよね。私も、読んでみて本当に感服するんだけど、実際に真似してみると上手くいかないのよね。

今回は、その理由について考えてみたよ。

育児書の著者と自分の育児環境は違う

世の中には、本当に多くの育児書が販売されています。

多くの書籍で、学者の方だったり保育士だった方だったりしますよね。

中には普通の主婦だった方もいます。

これらの方々と、自分の育児環境を比べて本当に同じなのでしょうか?

普通の主婦だった方なら同じ?そもそも普通の主婦ってどんな人?ってことになりますよね。

そうです。

どんな人でもそれぞれ状況は違うはずです。

ですから、書かれている育児書の状況と自分の状況は多かれ少なかれ違うのです。

育児書を参考にする事は大いに賛成できますが、全く同じ事をして同じ効果を得ようと考えてはいけません

自分の利益になる部分を上手にアレンジしてみたりして欲しいと思います。

むーみ
むーみ

やっぱり著者と自分とは置かれている環境が違うのだから、全く同じではないと認識しておくのが大切だよ。

▼ 子育て悩みランキングも見てね ▼

あなたが育児書を見ても上手くいかない理由

理由① 育児書を読むほど神経質な性格だから

そもそも育児書を読む方は、神経質で真面目な方です。

しっかりと読んだ上で、真似をして同じ効果を得ようと考えます

しかしながら、自分がそこまで神経質だとは考えていないのではないでしょうか。

子育ては、その子にとって一度きりの経験です。

それを素晴らしいものにしようと頑張るのは良くわかりますが、常に意図したことが全て達成されるとは限りません。

神経質な方は、全てが達成できなかった→失敗したと考えがちですが、そんなことは無いのです。

達成されたことが少しでもあれば、それは成功したのかもしれませんよ。

理由② 産まれたばかりの赤ちゃんだって個性があるから

人は産まれたばかりでも個性があります。

大きく生まれる子もいますし、小さい子もいます。

良くミルクを飲む子や良く泣く子など本当に様々です。

育児書を書いている方々は、多くの子供達を観察したりして研究した結果書籍として残してくれていますが、その子達と自分の子は違う事は当たり前の事です。

ですから、大いに参考にしたとしても、全く同じ事をしても同じ成果は得られるわけではない事を認識しておくべきです。

育児書の手順通りに行ったとしても、結果は違う場合があって当然なのです。

理由③ 時代の流れは驚くほど速いから

時代の流れは本当に速いです。

以前は正しいとされていた育児も今では違っていたりします

昔は赤ちゃんをうつぶせで寝かしたりしましたが、今はそんなことはしません。

粉ミルクが全盛の時代と現代ではやはり違います。

また、発熱した時の対応など多くの事が以前とは違うのです。

ですから、今行われている育児方法も本当に合っているのかわからないことも多いです。

数年後には違う事になっているかもしてません。

また、インターネットなどの普及で色々な技術や情報の進化も速いです。

どんどん新しいアイテムが発売されますから、その商品の情報は書籍には反映されません。

書籍を書いている時代と、あなたが育児をしている時代は違うのですから、結果が異なっても仕方がありません。

むーみ
むーみ

上手くいかない理由はいろいろあるんだけど、子育て時期は特に神経質になっちゃうことも理由の一つ。

全く同じでないと上手くいってないと思ってしまうくらい神経質になっている場合もあるから、気にし過ぎちゃダメだよ。

上手くいかない時は独りで悩まないことが大切

育児で最も怖いのは、独りで悩んでしまう事です。

私も育児をしている一人ですが、悩まないで子供を育てている人なんて居ないと思っています。

皆、悩みながら色々な事を試して育児をしているのです。

ですから、独りで抱え込まずに周りの人に助けを求めてはいかがでしょうか。

両親に相談できる環境が理想

結婚して離れてしまっても、やっぱり親は親です。

自分の両親はもちろんですが、配偶者の両親でも相談できるのであれば力強い味方になってくれるはずです。

相談できる場合には是非相談してみて下さい。

しかし、昔の子育てと今の子育ては違う部分もあります

悩みを聞いてもらう事でストレスの発散となり、意見を貰う事で違う考え方を取り入れられるようになれると良いのだと思います。

両親がダメなら昔からの友人に相談してみよう

学生時代の友人は、いつになっても強い味方です。

大抵は同年代でしょうから、子育てをしている友人もいるんじゃないでしょうか。

互いに悩みを話し合う事が出来れば、非常によい情報交換になると思います。

結局は、昔話に花が咲いてしまうかもしれませんが、それでも良いのだと思います

独りで悩むよりも、誰かに聞いてもらった事で気分転換にもなりますよ。

実はママ友に相談するは最終手段

実は、私はママ友と育児の悩みについて相談すべきではないと思っています。

ですからママ友に相談するなら、周りに他のママ友が居ない時にした方が良いですね。

基本的に同世代であれば、子育てに同じような悩みを抱えているはずなんです。

でも正解も持ち合わせていないですから、相談しても良いアドバイスが貰えない事が多いです。

昔からの友人も同じ状況ですが、やはり付き合いの深さの違いがストレスの発散に影響してきます。

独りで悩んでふさぎ込んでしまうのを防ぐのが目的ですから、できれば昔からの友人に相談する方が良いのですよ。

むーみ
むーみ

子育ては上手くいかない事も多いんだよ。それが普通だから、独りで悩んじゃダメ。

育児書で上手くいかない まとめ

今回は、育児書についていろいろ考えてみました。

最後になってしまいましたが、育児書は不要だと言っているわけではありません。

非常に参考になりますし、読む価値は十分にあります。

しかし、同じ事をやっても同じ結果が得られるわけではない事を認識しておいて欲しいのです

そして、上手くいかなくても悩んだりしないでください

きっと、あなたの周りにはあなたを助けてくれる人がいるはずです。

それでも誰もいない方は、私も相談に乗りますので是非ご連絡ください。

私も正解を探している一人ですが、一緒に解決に向かって頑張って行きましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました